脱毛をするなら生理の時避けた方が良いといいますがどうしてでしょうか?
生理と脱毛の関係を考えてみましょう。
生理は、女性にとって健康な証拠であるという人もいます。

25日周期とか30日周期とか人によって違いはありますが、問題が無ければ毎月生理があります。

ホルモンバランスが乱れる時期


この生理の前後は脱毛をしない方が良いのですがどうしてかというとホルモンバランスの乱れが原因です。
女性の体は非常にデリケートで生理が始まる前は微熱が出たり、ホルモンバランスが乱れニキビができたりします。
肌も荒れやすくなるのは生理前の特徴なんです。

そのような状態の時に脱毛をすると、普段以上に肌に痛みを感じることがあるでしょう。
どうしてかというと生理前後は肌が敏感になるだけではなく荒れているからです。
このような事から脱毛サロン等では生理中は脱毛を積極的に行わない所があります。

効果も落ちる

 

生理中は、肌荒れがしやすくなるだけではなく脱毛をしたとしてもいつもより効果が落ちることが多いです。
せっかく高いお金を払って脱毛を行うのに脱毛力が落ちていると思っているより脱毛が長続きしないという事もあるでしょう。

また、無理して生理中に脱毛をした場合、肌荒れになってしまう事があります。
このようなリスクを無くすため、脱毛サロンではあらかじめ予約を入れていても生理になると脱毛ができなくなる所があるでしょう。

VIO以外なら良いのではないか?と思いがちですができないサロンでは他の部位もできない場合が多いです。
でも、女性の中には生理不順の人もいます。

毎月、生理が来る人が多いですが、生理不順だと3カ月無くて2カ月あったりいつ生理が来るのか予測が付きません。

生理不順の人はキャンセルや変更が簡単にでき、生理でもVIO以外の脱毛ができるサロンを選びましょう。
ほとんどの場合、前日までに連絡すればキャンセルや変更ができます。

 

家庭用脱毛器なら安心

生理は、いつ始まるのかなかなか判らないものです。
脱毛サロンや脱毛クリニックだと、予約したりキャンセルしたり面倒だと思われるなら家庭用脱毛器等を使いましょう。

家庭用脱毛器ならいつでも自分の都合で脱毛する事が可能です。
ですが、生理中は肌が乾燥しがちになりますので避けた方が良いでしょう。
生理以外の時ならいつでも脱毛する事ができるので便利です。

脱毛クリーム等も同じく生理中は控えた方が良いでしょう。
脱毛クリームの説明書に生理中や妊娠中は使わない方が良いと書かれている物もあります。
その期間だけ使わなければ良いので避けて使うようにして下さい。

生理中に無理して脱毛する必要はありません。
生理中の脱毛はリスクにしかなりませんので注意して下さい。