ワキガの人は脱毛をした方が良いと言いますがどうしてでしょうか?
ワキガと最適な脱毛について考えてみましょう。

ワキガとは?


ワキガとは、ワキの下やデリケートゾーンのアポクリン汗腺の働きが様々な要因で活発な人がなりやすい病気です。
遺伝やストレス、不潔にしていたり原因は色々でツンとした臭いが特徴になります。
そんなワキガの人は脱毛をするとワキガの症状が良くなることもあるようです。

どうして脱毛がワキガに良いのかというと、アポクリン汗腺から出た汗はワキの毛に付きます。
これが酸化することで臭いが発生するのです。

つまり、アポクリン汗腺の汗が出てもワキの毛で酸化しないので臭いがしにくくなるのです。
他にも脱毛の際の施術で汗腺が引き締まり汗が出にくい状態になることもあります。

 

しかし、脱毛をしたことが原因でワキガの症状がひどくなる場合もあるそうです。
脱毛ではレーザー脱毛やフラッシュ脱毛を使ったりしますが、これによって汗腺が刺激され汗が出やすくなることがあります。

本当は汗の量自体変わらないのですが、毛が脱毛で無くなる分、そう感じることが多くなるでしょう。
脱毛によって多汗症になったと感じる人もいて、実際汗の量が増えることもあるのです。
汗が増えれば当然ワキガの人はワキガの症状が悪化します。

症状が悪くなることも

ワキガでも、軽い人の場合、脱毛の施術によって良くなることもありますが状態によっては悪くなることもあるのでしょう。
脱毛をするならワキガが治ってから行った方が無難かもしれません。
脱毛で良くなる分には良いですが、悪くなるとワキガ治療も長引くからです。

順番的には、まずワキガ治療をして脱毛した方が良いでしょう。
ワキガの治療法によっては、脱毛すると汗腺が刺激されひどくなることもあるというリスクも考えておきましょう。

医療機関で脱毛するのが安心

できれば、ワキガの方は、美容皮膚科など医療機関での脱毛するのが良いでしょう。
医師がワキガの治療を行いながら脱毛をしてくれる場合もありますので何かあった時も心強いです。
医師の判断で一番良い脱毛方法を選んでくれ安全性も高いでしょう。

また、ワキガでトラブルになった時も美容皮膚科なら対応が早いので改善も早いです。
ワキガの人は、できるだけ脱毛する時はセルフ脱毛などをせずプロに任せた方が良いでしょう。
自分でなんとかしようとしてもワキガは自力で治すのは難しいですから専門の方にしっかり治してもらって下さい。

ワキガの人は、自分でムダ毛をどうにかしようと思わず美容皮膚科などに行ってみましょう。
できればワキガを治療してからの脱毛が良いようです。