飲酒している時脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛を断られることがあります。
どうして、飲酒すると脱毛を断られるのでしょうか?

お酒は飲まないで


脱毛サロンの中には規定で飲酒しているお客さんの施術をしないというのがあります。
別に脱毛するのにお酒を飲んでいるかどうか関係ないという人もいるでしょう。
ですが、意外とお酒と脱毛には関係があって最初から飲酒している人は断られる事が多いのです。

まず、一つ目の理由がお酒を飲んでいると飲んだ量にもよりますが具合が悪くなることがあります。
特に全身脱毛の場合、施術によっては2時間位脱毛に時間がかかるのです。
その間、トイレに行ったり吐いたりされたら脱毛サロンも困ります。

その為、お酒臭い時点で施術を断られるのです。
せっかく脱毛で綺麗になろうと思っているなら飲酒はしない方が良いでしょう。

二つ目は、飲酒していると豹変したり、記憶が遠のいたり、眠くなったり、皮膚の感覚が鈍くなります。
脱毛では、痛みを確認しながら施術していきます。

お酒を飲むと皮膚に痛みを感じにくくなるため、気がついた時には火傷をしていたという事もあるのです。

他にも普段は優しい正確なのに飲酒して荒っぽくなり脱毛サロンスタッフに暴言をはく人もいるでしょう。
脱毛の施術中ぐっすり熟睡されたり、記憶が飛んでいると脱毛サロンの人は困ることもあります。

更に、飲酒する事で皮膚の血行が良くなりすぎてフラッシュ脱毛等を行うとかゆくなったり赤くなるのです。
痛みにも鈍くなっているため、やけどなどのリスクも高くなるでしょう。

このような危険を起こさない為にも脱毛サロン等では飲酒している時点で施術しない方が無難になるのです。

飲酒して脱毛しても肌トラブルになる確率は上がりますしお客様都合なので断られても脱毛費用を取られる事があります。
良いことはないので飲酒して脱毛にはいかないようにして下さい。

脱毛後も控えましょう

また、脱毛した後も飲酒はしばらく控えた方が良いです。
脱毛直後に飲酒すると肌がかゆくなることがよくあります。
これは、脱毛して肌が過敏状態なのに飲酒する事で血行も良くなりかゆくなるのです。
また、飲酒で体温が上がると肌荒れの原因にもなるので注意しましょう。

とにかく、飲酒して脱毛は厳禁です。

良いことは一つもありませんし最初の説明で施術前後は飲酒をしないように言われるでしょう。
高いお金を払って脱毛するのですから少し飲酒は我慢して脱毛効果を上げるようにして下さい。

飲酒は本人が思っている以上に体に影響するのでその状態で脱毛するのは控えましょう。
脱毛をスムーズに行い、脱毛サロンの人に迷惑をかけない為にも飲酒は脱毛の時しないで下さい。